北海道ツーリングのんびり旅日記【Part3】
 ■2006年9月13日【水】 第3日目

◆走行距離 431km
◆天気 快晴
◆今日の行動 R335-R336-R34(襟裳)-R336-R1038-R38-R240-R53(釧路湿原)-R241-R243
◇朝食 抜き
◇昼食 サンドイッチ、牛乳(コンビニ)
◇夕食 茹とうもろこし、緑のたぬき、ビール
◇宿 ライダーハウス めぐみや(800円)

 今日は襟裳岬を目指して出発。♪北の町ではもう、悲しみを暖炉で〜〜♪ ご存知森進一の歌を歌いながら快走です。歌詞の1番はサラサラ出てきますが2番、3番がところどころ出てこないのです。♪ラララ♪で気分だけ盛り上げてヘルメットの中でドベタな歌がこだまするのです。でもいいのだ。誰にも迷惑はかかりませんから。気分は絶好調。一昨年は襟裳を通過しましたが夕方18時過ぎで暗くて断念しました。今年はリベンジです。今日は超快晴、襟裳の岬からは180°以上のパノラマ広角で水平線が展望できました。絶景、絶景。でもやっぱり襟裳は自然以外♪何も無い〜♪、、のです。(写真はクリックすると拡大します)


さて次は釧路目指して行くぞ。襟裳抜け、黄金道路途中でスナップ写真。


釧路へ向かう途中、R336からR38へ行かず、まっすぐ進むと見晴らしのよい高台のダートとなります。ここも舗装工事が始まっており貴重なダートがまた一つ無くなっていきますね。「昆布刈石展望台」から。


釧路湿原を一度は観てみたかったので釧路市湿原展望台へ。遊歩道があり2.5kmをゆっくり歩きながら堪能しました。

 
さあ、次は阿寒湖へ。阿寒湖湖畔は特に湖が国道から見えるでもなく、早々Uターンして屈斜路湖へ。屈斜路湖半にある和琴半島のライダーハウス めぐみやへ。今日は先着含めて10数名の大人数となりました。早速湖畔にある無料露天風呂へ。


地元のおばさん、叔父さんも入っていて世間話をしながら楽しいひととき。風呂上り、ライダーハウスのおばちゃんから茹でとうもろこしをいただきました。食堂はバイクで少し離れたところにあるため、今日はとうもろこしと緑のタヌキ(カップソバ)と缶ビールで済ませました。みんなで芝生に座り込み、広島から来たCB400SUPER FOURのプータロウ君と名古屋からZもどき(ゼファー)の学生、千葉からハーレー62歳のおじさん、岡山から学生3人組でいろんな話で盛り上がりました。年齢差もなく出身差もなくライダー仲間はすぐに打ち解けあうことができますね。最後は缶ビールを持って後から来たライダー含め10数人で露天風呂で乾杯、あたりは真っ暗ですが話も盛り上がり楽しかったなあ。23:30就寝。


BACK < TOP > NEXT