日本陸海軍機大百科、九九式双軽爆撃機一型[キ48-Ⅰ](2) 2015
1/1
木曜日



日本陸海軍機、第132弾は、非力のハンディを搭乗員の機外で克服し、大戦を戦い抜いた九九式双軽爆撃機一型[キ48-Ⅰ]が紹介されている。


陸軍の軽爆撃機というカテゴリーにおいて、その系譜の最後に位置する九九式双爆は開発時に想定されていた中国大陸内での対ソビエト戦とは様相を全く異にした太平洋戦争において、その力不足を指摘されつつも陸軍航空打撃力の一翼を担い、能力以上の過酷な任務にも黙々と耐えて奮戦した。

 




次回は、海軍の艦上攻撃機『天山』一二型をご紹介します。



※サイト:日本陸海軍機大百科




Copyright (C) 2015 Shougo Iwasa. All Rights Reserved.