日本陸海軍機大百科、特殊戦闘機『晴嵐』(2) 2013
12/31
火曜日



日本陸海軍機、第111弾は、実験および搭乗員訓練用として車輪付きの陸上機型「晴嵐(せいらん)』を紹介します。


世界にも例がない”水中空母”構想に基づいて開発された超大型潜水艦「伊四〇〇」級と、その搭載機である「晴嵐」は実践投入目前で敗戦を迎え、計画そのものが壮大なる徒労に帰してしまった。本モデルは3機のみ作られた車輪装備の陸上機型「試製晴嵐」である。








今回のモデルは米海軍機動部隊の要衝ウルシー泊地を攻撃するため、出撃直前に青森県大湊港で米国軍機に似せた塗装を施した第六三一海軍航空隊所属機。実戦出撃の際は装着しないが、モデルは双浮舟を装着した状態を再現している。双浮舟を含む機体全体をジュラルミン地肌(アルクラッド処理)をイメージした銀塗装に仕上げ、機種上面および風防は地色の濃緑黒色塗り残しを再現している。また、胴体後方および左主翼上面、右主翼下面には青色/白星の米軍機国籍標識を、浮舟にはプロペラ回転範囲を示す赤色警告帯と台車固定位置指示線を忠実にペイントしている。このほか、無塗装を表現した銀色のスピナーと先端に黄色の回回帯を施した茶色のプロペラ、焼鉄色の排気管、翼端灯など細部の塗装も実機どおりに仕上げられている。





次回は、海軍機の『零式艦上戦闘機五二丙型』をご紹介します。



※サイト:日本陸海軍機大百科


(2013/12/31)


Copyright (C) 20132 Shougo Iwasa. All Rights Reserved.