『九八式単軽爆撃機』[キ32] 2013
6/14
金曜日



日本陸海軍機大百科、第95弾は、液冷発動機の不調に悩まされつつ活躍した陸軍最後の単座軽量爆撃機の『九八式単軽爆撃機』[キ32]を紹介します。

地上軍の支援兵力として発足した陸軍航空がその主要機種のひとつに据えた軽爆撃機は、時代の推移と共に定義が目まぐるしく変わり、開発を請け負ったメーカーにとっても設計的に苦労の絶えない機種であった。その誕生が国家非常時の日中戦争とオーバーラップした『九八式単軽爆撃機』[キ32]もまた、そうした変化の流れの中に存在し、メーカー自身の都合にも左右されて、吉凶両面を味わった機体のひとつだった。



次回は、陸軍機の『呑龍』をご紹介します。



※サイト:日本陸海軍機大百科




Copyright (C) 20132 Shougo Iwasa. All Rights Reserved.