『クレムリンの枢機卿(上下巻)』トム・クランシー(著) 2017
8/24
木曜日

【上巻】米ソスパイ合戦、核攻撃・抑止のレーザー開発合戦。盗んで盗まれ、冷戦とはなんぞやで、まあ、なんとスケールが大きいではありませんか。クランシー、あんたはプロだ。ソビエト(ロシア)という国は閉鎖的、自由な発想は生まれつき出来ない国、しちゃいけない国、すると牢獄か銃殺される国、だからじっと耐える国、レーニン、アカ、政治、KGB、監視の国、発言は慎めの国。生活物資が枯渇しているけれど、上層部には潤沢にある国。なんとなくこんなイメージ。下巻へ行こう。

【下巻】下巻もいろんな出来事が多重走行する。ジャック・ライアンも重要な役割を果たすのであるが、準主役級の扱いか。スパイというのは映画で見るような、007擬きに格好よくもなく、強くもなく、女性にモテモテでもないのである。アメリカVSソビエトの風土・文化の違いを如実に感じさせもくれる。しかしながら、何はともかく争いのない世界を、平和ボケした日本人に気迫感は希薄だが、人類が皆、平和であってほしい。

クレムリンの枢機卿〈上〉 (文春文庫)
トム クランシー 井坂 清

4167527014

関連商品
機密奪還(上) (新潮文庫)
米朝開戦(4) (新潮文庫)
米朝開戦(3) (新潮文庫)
デッド・オア・アライヴ〈3〉 (新潮文庫)
機密奪還(下) (新潮文庫)
米朝開戦(2) (新潮文庫)
米朝開戦(1) (新潮文庫)
米露開戦2 (新潮文庫)
米中開戦4 (新潮文庫)
米中開戦3 (新潮文庫)
by G-Tools
登録情報
文庫: 415ページ
出版社: 文藝春秋 (1990/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4167527014
ISBN-13: 978-4167527013
発売日: 1990/12
クレムリンの枢機卿〈下〉 (文春文庫)
トム・クランシー 井坂 清

4167527022

関連商品
機密奪還(上) (新潮文庫)
米朝開戦(4) (新潮文庫)
米朝開戦(3) (新潮文庫)
デッド・オア・アライヴ〈3〉 (新潮文庫)
機密奪還(下) (新潮文庫)
米朝開戦(2) (新潮文庫)
米朝開戦(1) (新潮文庫)
米露開戦2 (新潮文庫)
米中開戦4 (新潮文庫)
米中開戦3 (新潮文庫)
by G-Tools
登録情報
文庫: 442ページ
出版社: 文藝春秋 (1990/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4167527022
ISBN-13: 978-4167527020
発売日: 1990/12

内容(「BOOK」データベースより)
【上巻】スター・ウォーズ時代をめざしてレーザー兵器開発にしのぎを削るソ連の“輝く星”プロジェクトと米国の戦略防衛構想。米国はクレムリンの奥深く潜りこんだ大物スパイ。「枢機卿」に指令を送り、進捗状況を探る。そんなある日、ソ連邦タジタ共和国の夜空に一条の金色の光が立ち昇り、人工衛星を一瞬のうちに溶かしてしまった。
【下巻】
「枢機卿」から送られたフィルムが、KGBの手に渡ってしまった。その身に危険が迫る。CIAアナリストのジャック・ライアンは、単身KGB議長に会見を求め、「枢機卿」救出の一か八かの賭けに出る―「レッド・オクトーバーを追え」を上まわる迫力の大救出作戦に、スパイ小説の醍醐味を盛った、トム・クランシーの最高傑作。








Copyright (C) 2017 Shougo Iwasa. All Rights Reserved.