『司馬遼太郎が考えたこと<5> エッセイ1970.2~1972.4』司馬遼太郎(著) 2017
3/20
月曜日

さてシリーズ<5>、氏の見識は湧水の如く枯れないようだが、「何故そうなのか?」と考えるまでもなく氏は歴史の中に自分自身を紛れこませ、「ああだったのだろうか、こうだったのかも」と夢想し、史実から「なるほどそうだったのか」と史跡や史所から感ずることに身を置くのが至極・極上の幸福であるから、と本人も言っている。<好きである→書籍を乱読する→あちらこちら巡る→見識深まる→更なる興味が湧く>の循環型構造になる。悪くいえば泥沼抜け出せず、だ。拙者も歴史物を読むに付け、多少の知識も蓄えつつあると史跡や跡地を訪ねてみたいと感じることは多々ある。今、関ヶ原に行ってみたい。何故か、と言われても説明できない。

司馬遼太郎が考えたこと 5 エッセイ1970.2~1972.4
司馬 遼太郎
4106467054
登録情報
単行本: 392ページ
出版社: 新潮社 (2002/2/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4106467054
ISBN-13: 978-4106467059
発売日: 2002/2/15
内容紹介
1970(昭和45)年、大阪万国博覧会が開催され、日本は平和と繁栄を謳歌する時代に入った。いっぽうこの頃、よど号乗っ取り事件や浅間山荘事件など世の中に衝撃を与える事件が相次ぐ。司馬遼太郎は『世に棲む日日』『城塞』『覇王の家』などを執筆、さらにライフワーク『街道をゆく』の連載も開始した。第5巻は三島由紀夫の割腹自殺について論じた「異常な三島事件に接して」など65篇を収録。
司馬遼太郎が考えたこと〈4〉エッセイ1968.9~1970.2
司馬 遼太郎
4106467046
単行本: 379ページ
出版社: 新潮社 (2002/1/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4106467046
ISBN-13: 978-4106467042
発売日: 2002/1/10
 内容(「BOOK」データベースより)
吹き荒れる学園紛争の嵐は頂点に達し、’69年1月、東大安田講堂に機動隊が出動した。このころ、司馬遼太郎は新聞小説『坂の上の雲』を連載。さらに『城塞』『花神』など次々と長篇の執筆に取りかかる。第4巻は、「戦後、日本という国家が軽くなったので学生たちはやるせないのかもしれない」と嘆ずる「軽い国家」等、世情騒然とする中、ゆるぎない歴史観をもとに綴ったエッセイ65篇を収録。
司馬遼太郎が考えたこと〈3〉エッセイ1964.10~1968.8 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
4101152454
 登録情報
文庫: 550ページ
出版社: 新潮社 (2005/1/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101152454
ISBN-13: 978-4101152455
発売日: 2005/1/28
商品の説明
内容紹介
日本は経済大国の仲間入りを果たし、「昭和元禄」の繁栄が始まった。司馬遼太郎は、『国盗り物語』『関ケ原』など大作を次々に発表、1968(昭和43)年には『竜馬がゆく』がNHK大河ドラマとなり国中の喝采を得る。第3巻は、執筆の内輪を明かす「歴史小説を書くこと」、ベトナム戦争の泥沼に足を踏み込むアメリカと安穏とする日本を対比した「平和は難かしい」など129篇を収録。
司馬遼太郎が考えたこと〈2〉エッセイ1961.10~1964.10 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
4101152446
 登録情報
文庫: 513ページ
出版社: 新潮社 (2004/12/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101152446
ISBN-13: 978-4101152448
発売日: 2004/12/22
内容紹介
日本は高度経済成長時代を迎え、東京オリンピック開催に向けて国中が沸き立っていた。新聞社を辞め、職業作家として独立した司馬遼太郎は、『新選組血風録』『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』など、旺盛な創作活動を開始する。第2巻は、これら初期傑作の執筆余話のほか、「若い者は悪いか」「戦車と文明」等の時代と文明に関する論評、後年では稀となった身辺雑記など119篇を収録。 
司馬遼太郎が考えたこと〈1〉エッセイ1953.10~1961.10 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
4101152438
登録情報
文庫: 500ページ
出版社: 新潮社 (2004/12/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101152438
ISBN-13: 978-4101152431
発売日: 2004/12/22
内容(「BOOK」データベースより)
歴史と文明、人間について天性の明るい知性で考えぬいた司馬遼太郎が、40年以上にわたる創作活動のかたわら書き残したエッセイを、年代を追って収録した集大成シリーズ。第1巻は、新聞記者時代から、『梟の城』で直木賞を受賞する前後まで。食や大阪、神戸についてのエッセイや、戦争中の極限的経験を綴った「それでも、死はやってくる」など、若き日の思索をたどる89篇を収録。






Copyright (C) 2017 Shougo Iwasa. All Rights Reserved.