チェンソー講習会【基礎編】<二日日> 2009
3/8
日曜日

 「奥多摩都民野森(体験の森)」での講習会、”チェンソー”の二日目。天気は曇天。気温は低い。さあ、食事を済ませ、チェンソー実習だ。

 内容は動画&写真で解説しましょう。

 昨日のエンジン音の警戒心も薄れてはきたが、安全性を確保するのが一番。ってことで、ヘルメットと、防護のチャップス(前掛け)を付けた。このチャップスは防護服作業着として、繊維はピアノ線の8倍の強度があり、チェンが布地を表面を切り裂くと内側の繊維層を引き出し、ドライブリンクとスプロケットに絡みつき、チェンの回転を瞬時に停止させる機能があるのだって。

 天気は曇天からうっすら日が差してきたお陰で、14:30まで実技と目立て、分解掃除もできたし、参加者の多くの方も、理論から判りやすく説明してくださったことに感謝していたし、今後もっと活用したいと意気込み新ただったですね。

 今日は、馬に丸太を乗せて、玉切りから練習。

 ①上から下へ、
 ②下から上へ
 ③上から途中まで切って下から上へ合わせ切り
 ④また③その逆
 ⑤スパイクを使った回し切り
 ⑥立てた丸太に追い口作り(倒伐時の技法)

 以上のパターンをグループ別にかなりの回数をやらせて貰った。無理に力を入れちゃダメでね、無理な力がかかるとチェンソーは回転しないので、自然に力をかけずにやるとよい、と回数をこなすについれて学べていったね。実際、何でもそうだけれど、見るのとやるのじゃ大違い、なのですね、実戦経験ほど強いモノはないのだから。

 具体的には写真・動画でどうぞ。来週は<応用編>が楽しみだ。病みつきになるね。しかし慣れた頃が一番、危ないってことだから、安全第一、ですよ。 じゃ。

写真はクリックすると拡大します。
動画 再生ボタンを押すと再生します。
僕のエンジン始動
初爆(チョーク閉じ)からエンジン始動(チョーク開)
時間: 0:57
チェンオイルの吐出確認
時間: 1:25
僕の玉切り編
時間: 1:07
僕の玉切り 合わせ切り
時間: 1:51
僕の受け口作り
時間: 1:32

【O塚編】チェンソーの作業服
時間: 0:44
【O塚編】玉切り
時間: 1:15
【O塚編】玉切り 合わせ切り
時間: 1:19
【O塚編】受け口作り(ちょっと燃料切れ)
時間: 1:31
【O塚編】受け口作り(仕切り直し版)
時間: 1:38
Copyright (C) 2009 Shougo Iwasa. All Rights Reserved.